LIFE

O歳で保育園に預けて働く事は可哀想?メリットとデメリット

こんにちは、しずずんです。

あなたは子供が1歳未満から保育園に預けて職場復帰ってどう思いますか?

可哀想だと思いますか?

私は初めての子供ですが、生後半年で保育園に預けて職場復帰することになりました。

今回は0歳未満での保育園入園は可哀想だと思うか?ということについて私の意見をお話ししようと思います。

結論は、「愛情は時間ではなく密度でカバーできるので考え方次第」です。

保育園入所後は母乳を続ける?ミルクにする?こんにちは!しずずんです。 生後半年の子供を保育園に預けてはや1ヶ月。 子供は、保育園では母乳は持って行かずミルクを飲んでい...

生後半年で職場復帰を決めた理由

私が早期職場復帰を決めた理由はズバリ「お金がないから」です。

我が家は恥ずかしながら貯金がほとんどありませんでした。

そして私も夫も浪費家なので節約も得意ではなく、夫はそれなりに稼いできてくれるのですが、お金の減り具合を見ると不安で仕方ありませんでした。

また、育休はとっていましたが、育児休業給付金をもらえなかったのもとても大きいです。

確かに、意地でも子供が1歳になるまで育休をとる!と思っていたなら金銭的にもギリギリやっていけたと思います。

しかし私には自分が「消費するだけの存在」になっている事に耐えられませんでした。

子供が3ヶ月を過ぎると昼間もよく泣くようになります。

家にずっといると息がつまるというか、時間がとても長く感じます。

ですのでよく子供を連れて散歩に行ったりイオンに行ったり、友達とランチに行ったりととにかく外に連れだすようにしていました。

しかし、そうすると毎日お金がかかってきます。

高額ではなくても、毎日少しずつお金を使ってしまいます。

ですのでお金を使わず家にいようとすると息が詰まります。

この悪循環で、自分が「お金を稼がず、お金を使うだけの存在」であることが、今まで働いて稼いで好きに使っていた私にとってとてもストレスでした。

また、稼いでないから好きなものを好きなように買えないというのもストレスでした。

結婚した時点で必ず何かを購入するときには夫に相談するようにしていましたが、稼いで買うのと稼いでないのに買うのとでは精神的な気持ちが違いました。

それに私が働いていないとずっと家計はマイナスで、ボーナスで補填という感じだったので、貯金が全くできません。

子供にお金もかけてあげたいし、次の子供の為に貯金もしたいしマイホームも欲しい。

そんなお金事情が一番の復帰の理由です。

あともう一つは保育園問題

我が子は10月生まれなので1歳で保育園に入れようとすると途中入園になります。

途中入園はやはり今の時代難しく、運よく入れても小規模保育しか入れなさそうでした。

しかし、来年の4月まで待つほど家計に余裕はありません。

0歳児の4月入園が一番枠があるということ、二次募集の際に職場近くの保育園の枠がたまたままだ空いていたことが生後半年での保育園入園の決定打になりました。

小さいうちから保育園に預ける事は可哀想な事なのか?

いくらお金がないからと言っても食べていけないくらいお金がないわけじゃないし、節約すれば1歳まで育休をとることは可能でした。

その中で、親の都合での0歳での保育園入園。

子供はやっぱり可哀想なのかな、と悩みました。

たくさんググりました(笑)

そこで行き着いた結論は「家にいる時間に精一杯愛情を注げば大丈夫」です。

確かにお母さんと一緒にいる方がいいかもしれません。

保育園は何人も子供がいるので一人だけ見ている訳ではないし、泣いていてもすぐに対応してもらえない時もあると思います。

でもそれは家で見ている時も同じではないでしょうか?

家で見ていたって、家事している時は泣いていてもすぐに対応出来ない事だって多々あります。

また、子育てに行き詰まっているといらいらしたり疲れたりしますし、「あぁ私心から笑えてないな。」という時だってあります。

でも保育園に預けると預けているという罪悪感からか、いつも以上に可愛く見えますし、せめて一緒にいる間は構ってあげよう!と思えるし、離れている時間がある事でリフレッシュして泣いていてもイライラせずに優しく対応出来ます。

そして一緒にご飯を食べる、おっぱいをあげる、お風呂に入る、一緒に寝るなど、限られた時間を大事に大切に接することが出来れば愛情不足になることはないと思っています。

要は一緒にいる時間が長いからいいのではなく、一緒にいる時間の濃度が濃い方が良いと思うのです。

それに保育園だってデメリットだけではありません。

たくさんのメリットもあります。

保育園に預けて働くメリット

たくさんの人に触れ合える

保育園にはたくさんの先生や子供、その親達が行き来します。

ですのでたくさんの人に触れ合えます

家の中で子育てしているとなかなかたくさんの人と触れ合える機会ってないですよね。

小さな頃からたくさんの人と触れ合うと、自然にコミュニケーション力などが身について良いと思います。

人見知りしなくなる

人見知りが完全に始まってから保育園に入れると、慣らし保育が大変です。

毎日大泣きする子供を尻目に仕事に行かなくてはいけません。それってすごく辛いと思います。

我が子は人見知りなく全く泣く事なく保育園に慣れましたがそれでも置いて仕事に行くというのは辛かったです。

でも人見知りがあまりない頃から保育園に行き始め、たくさんの人と触れ合うと人見知りしない子供になりますよね。

この先大人になってからも人見知りする性格より人見知りしない外交的な性格の方が人とのコミュニケーションが円滑に進みますのでとても良い事だと思います。

たくさんの経験が出来る

家で育てると、毎日同じことの繰り返しでなかなか新しい経験をさせてあげられないと思います。

しかし、保育園に行くと、まずたくさんの人に出会うという経験も出来ますし、外で遊んだり、目新しいおもちゃがいっぱいあったり、季節の行事だったり、毎日違う食事だったりと毎日が新しい事の連続です。

小さいうちはたくさんの新しい経験をさせて刺激を与えてあげることが良いとされているので、保育園に行くだけで毎日新しい刺激となります。

生活のリズムがつく

家で育てていると、ついつい寝ないからと夜更かししたり、朝は遅くまで寝ていたり、昼寝が長かったりして、不規則な生活になりがちです。

実際私もとても不規則でした。

しかし保育園に行きだしてからは、朝は絶対起きないといけないし、保育園ではお昼寝はありますが、周りが賑やかなので長時間はせず、1時間前後を2回程度なので寝すぎということにはなりません。

そしてたくさん遊んで帰ってくるので、お風呂に入って19時には寝かしつけもせず一人で寝るようになりました。

そして早くに寝ているので、毎朝必ず5時半には起きます。(笑)

もう少し寝ていてほしい気持ちはありますが、保育園い行かせてるのは自分だし、今までの不規則でいつ寝るかわからない、いつ起きるかわからないような状態よりは断然良いので諦めて一緒に起きて、ゆっくりした朝を楽しんでいます。

子供と離れる時間が出来ることでよけいに可愛くなる

今まで生まれてから24時間一緒だった子供と8時間以上離れることになるので、預けたのは自分ですが正直寂しいです。

しかしやはり、自分のペースで動けるという開放感があるのも事実です。

ですのでたとえ仕事でも自分のペースで動け、他の人と話せるということでうまくストレス発散になってくれて、迎えに行き我が子を見た時には可愛くて可愛くてたまりません。

話しかけながら抱っこ紐で歩いて帰り、帰るとぎゅーっと抱きしめてしばらく抱っこしてから家事をしだします。

泣こうが、いたずらをしようが全くイライラしません。むしろ可愛いです。(笑)

寝るのもとても早くなったのでそれまで思いっきり子供との時間を楽しんでいます。

プロに育児相談出来る

私は初めての子供で特に不安だらけなんですが、育児の不安や疑問をベテランの保育士に相談出来ます。

特に離乳食の事とか、あまりおすわりの練習や立つ練習を早くからさせてはいけないとか、たくさん教えてもらえます。

身近に相談できる方がいるのって心強いですよね。

変化に強くなる

保育園での生活は刺激的で、毎日何かしら違うと思います。

先生が違ったり、遊ぶ相手が違ったり、気温が違ったり、そんな変化が毎日あるので、変化に強くなると思います。

変化に強いと、臨機応変に対応出来る子供に育ってくれるんじゃないかなと期待しています。

離乳食を進めてくれる

離乳食って毎日大変ですよね。

特に1回食の時は、少ししか食べないので、食材を買って作っても何日も一緒のメニューになっちゃったり、冷凍しても一週間しかもたないのでせっかく作っても捨てることになっちゃったりします。

しかし保育園は、お昼に必ず離乳食を食べさせてれます。

毎日メニューも違いますし、たくさんの種類を食べさせてくれるのでとても助かっています。

また、いつから2回食にしたら良いとか、離乳食の進め方、タンパク質の始め時など、アドバイスも聞けるので助かっています。

子供と密度の濃い時間が過ごせる

上述もしましたが、とにかく有限である子供との時間を大切に思えるようになります。

休みの日も、積極的に外に連れ出したり、一日中出来るだけ遊んであげようと思えたり、可能な限り愛情を注ごうと努力するので密度の濃い時間が過ごせます。

保育園に預けるデメリット

病気をもらう

たくさんの子供がいるので病気をもらいやすいです。

我が子も保育園に通いだしてすぐに風邪を引き始めました。

中には一週間目で高熱で何日も休んでいる子供もいました。

一人を見るわけではないので手厚くはしてもらえない

先生は大体、子供3人に対し1人の配置なので手厚くしてもらうことは難しいです。

特に最初は、子供も環境に慣れていないので迎えに行くと全員ギャン泣きの状態で先生もてんてこ舞いな状況でした。

離乳食もミルクも全員に食べさせないといけないし、お昼寝は寝かしつけが必要な子供がほとんどなので一人一人に時間がかかります。

ですので手厚い保育は厳しいです。

我が子も実際、今まではよだれが出てもこまめに拭いていたので肌が荒れることはありませんでしたが、今は拭いてもらえないのでよだれで少し肌荒れしています。

また、オムツも基本は出たら変えるではなく、時間で変えるという感じになります。

希望を聞いてもらえない時もある

複数の子供を担任しているので、希望がなかなか通らないこともあります。

ある程度は仕方ないので様子を見ています。

我が子も、お昼寝の後は着替えが必ずあるのですが、その時にスタイをとったら新しいスタイに変えて欲しいとお願いしていますが、いまだにお迎えに行くとスタイなしで服がよだれだらけになっています(笑)

初めての体験を見逃すこともある

私はまだないですが、初めてのおすわりやタッチなど「我が子の初めて」を見逃す可能性も大いにあります。

ちょっと寂しい気もしますが、そこは諦めて出来るようになったことに敏感に気づければ良いかなと思っています。

実際に保育園に行き始めた我が子の反応

我が子は一日目は少し人見知りをして先生に抱っこされると泣いたりしていました。

また、慣らし保育の際は普段家では母乳ですが、哺乳瓶でのミルクもちゃんと飲むのに最初の3日間は保育園で飲みませんでした。

しかし、三日目のお迎えの時に私が保育園で哺乳瓶であげると飲むようになり、それをきっかけに問題なく飲むようになりました。

そして朝も泣くこともなく、日中も泣くことなくご機嫌でおもちゃで遊んだり、お友達に話しかけたりして過ごしているそうです。

お昼寝もちゃんとできていますし、風邪を引いて鼻水や咳は出ていますがとても元気で機嫌よく過ごしています。

まとめ

早期復職で我が子を保育園に預けないといけなくなった時、罪悪感があったり不安ですよね。

私もお金のために保育園に預けて働き出すということに罪悪感がありました。

周りには小さいのに可哀想という声もありました。

しかし、考え方は人それぞれだと思います。

一日中子供と一緒にいても放って置いたり、自分がストレスを感じてかわいがれなかったりしたら意味ないと思いますし、愛情は時間ではなく密度でカバーできます。

しかしお金は愛情でカバーできません。

現実、生活していくにはお金がかかるし子供のために買ってあげたいものもたくさんあるし、習い事やこれから連れて行ってあげたいところもたくさんあると思います。

それをするにはお金が必要だし、お金がないということはストレスにもなります。

私は時短などでセーブしながら働いて、全てが出来るだけ円滑に進む道を選びました。

何を大事にするかは人それぞれです。

限られた時間愛情いっぱいに接して密度でカバーし、仕事もしてリフレッシュ&収入を得る、時短にして両立の負担を軽くする、夫に協力をお願いして家事の負担を減らす。

そうすることで私は家で1年間育休を取り生活するより充実した家族全員がプラスになる方法を選びました。

保育園に預けたことを後悔していませんし、必ず子供にとってもプラスになると思っています。