LIFE

赤ちゃんの椅子は何が良い?それぞれのメリット・デメリット

こんにちは!しずずんです。

赤ちゃんの椅子って、あなたは何を使っていますか?

バンボ、ハイチェア、ローチェア、折りたたみチェア・・・。色々種類があって難しいですよね。

私も悩み、バウンサー、ハイチェア、ローチェア、バンボ、折りたたみ椅子など実際に試してみました。

しずずん
しずずん
何を買うかとても悩みました。悩みながら色々試した結果、腰がすわるまでバンボ、腰がすわってからは折りたたみチェアにしました!

結果的にはこの選択、とてもよかったと思います!今回は、バンボや折りたたみチェアについてのメリットとデメリットや、なぜこの選択にしたのかをお話したいと思います。

腰がすわっていない時期はバンボが便利!

離乳食って早いと5ヶ月から始まりますよね。でも5ヶ月はまだ腰がすわっていないので普通の椅子には座れません。

我が家では新生児の時からずっとバウンサーを使用しており、バウンサーに取り付けるテーブルまで事前に購入していましたが、実際にバウンサーに座らせてご飯を食べさせようと背もたれをあげると、下にすごくずれるんですよね。

ベルトが長くしっかりホールドしてくれないので、すぐずれて食べさせにくかったし、角度があまいのでむせないか怖かったです。

そこで悩んで買ったバンボ

我が家のバンボはメルカリで購入しました。

使用期間が短い事もあり、値段を優先し、2000円で購入。安いですが、美品でしたし満足です。

バンボは腰がすわっていない時期から座らせる事が出来ますし、かっちりしていてホールド感も抜群。ご飯がすごく食べさせやすいし、ずれることもありません。

そしてバンボに座らせていても自分で出てきたりも出来ないのでとても重宝しました。

見た目もたくさんの色があって可愛いし、いらなくなっても人気があるのでメルカリなどのオークションで高くで売れるため、コスパも良いです。

残念なところは、購入時に値段が高めなところと、足回りがタイトなので、ぽっちゃり体型の赤ちゃんや、成長して大きくなると、1歳すぎる頃にはサイズオーバーしてしまいがちなので使える期間が短いところです。

しかしオークションで売ることを考えればコスパは問題ないように感じます。

あとは、安心しきってバンボに座らせて長時間目を離すと後ろに倒れてしまう可能性があるので、必ず目を離さないようにしなければいけません。

あくまで使用時間は、食事の間だけ・食後少しの時間など短い時間にしましょう。

バンボのメリットとデメリット

メリット
  • ホールド感が抜群
  • 可愛い
  • しっかり座らせられる
  • 腰の負担が少ない
  • 抜け出ないので椅子から落ちたりしにくい
  • 持ち運びも出来る
  • メルカリで高めで売れる
  • デメリット
  • 購入時の値段が高い
  • 活用時期が短い
  • 足がムチムチだとサイズアウトが早い
  • 目を離すと後ろに倒れて危ない時がある
  • 腰が座ってから選んだ椅子は折りたたみチェア。その理由は?

    折りたたみチェアはどのようなものかわかりますか?

    このような、机に直接引っ掛けて固定するタイプのベビーチェアです。

    腰がすわるまではバンボを使用して食事を食べさせていましたが、腰がすわった時点で折りたたみチェアにシフトしました。

    なぜなら、食卓で食事を食べさせたかったからです。

    我が家はダイニングテーブルがあり、食事はダイニングテーブルで食べています。

    バンボはローチェアなので、リビングでしか食事をする事が出来ません。

    椅子にバンボを置いて食事することも考えましたが、椅子に備え付けるタイプのバンボではなかったので危ないですし、この時点でハイチェアを購入するか、折りたたみチェアを購入するかの二択になりました。

    ハイチェアはこのような感じのベビーチェアです。

    ハイチェアの良いところはやはり可愛いところです。

    様々な色があり、スタイリッシュで見た目もとにかく可愛い

    私もインテリアに合うハイチェアを買おうと思っていました。

    しかし、結局選んだのは折りたたみベビーチェア。なぜなら、ハイチェアは場所を取るし、いらなくなった時の処分にも困りそうだからです。

    その点折りたたみベビーチェアは見た目はハイチェアには叶わないものの、持ち歩けるし、気軽に洗えるし、想像以上に便利でした。

    折りたたみチェアのメリットとデメリット

    メリット
  • 安い
  • 持ち運びが出来る
  • 椅子部分を外して洗濯できる
  • ビニールなので汚れても拭きやすい
  • 体重制限が広い
  • 処分も簡単そう
  • デメリット
  • インテリアにあいにくい
  • 見た目が劣る
  • テーブルの材質によっては固定時に傷がつく
  • 固定部分は汚くなりやすい
  • 洗濯が面倒
  • やはり見た目はハイチェアに比べてチープです。値段もその分ハイチェアに比べて安いんですけどね。

    また、机に直接引っ掛けて固定するので、ガラスだったり、柔らかめの木材だったりすると傷がついてしまう可能性があります。

    そして、ビニールなので拭きやすく、ボタンをを外してすぐに椅子部分が取り外せて洗濯は出来ますが、ハイチェアだとそのままさっと拭けるのでそもそも洗濯しなくて良いんですよね。ですのでハイチェアに比べると面倒かなと。

    しずずん
    しずずん
    でもこの椅子を使う時期も短いですし、外食などに折りたたみ式チェアは持っていけるのでとても便利です。値段も安い!

    外食時や友達の家にお呼ばれした時など、ベビーチェアはあるのか、あったとしてもどんなタイプがあるのかわかりませんし、合わなければ使用できないのでずっと抱っこをしておかなければ行かなくなります。

    しかし、この折りたたみベビーチェアを持っていけば、毎日使っている慣れたものなのでとても安心ですよね。

    バウンサーを選ばなかった理由

    上述しましたが、最初は離乳食が始まればバウンサー用のテーブルを取り付けてバウンサーで離乳食をあげようと思っていました。

    そのためにしっかり安定して椅子にもなるkatojiのバウンサーを選びました。

    私が使用していたバウンサーです。

    でも実際に使用してみると、バウンサーからずれるずれる。

    ベルトがもっときつめだったらまだよかったですが、一番きつく締めても緩かったので、背を起こすと下にずり落ちてしまって全然しっかり座れませんでした。

    そのままむせても怖いし、バウンサーで離乳食をあげるのはやめました。

    椅子の上に置くローチェアを選ばなかった理由

    ローチェアとは、様々なものがありますが、このような椅子です。

    よくファミレスなどの外食に行くと置いてあるローチェアですよね。

    しかし我が家の場合、ホールド感がないのですぐ脱走しますし、落ち着いて椅子にすわってくれません。

    ですのでこのローチェアは我が家には合わないなと思い検討しませんでした。

    バンボの椅子におくバージョンならホールド出来ていますし大丈夫と思いますが。。

    おしゃれで可愛いハイチェアを選ばなかった理由

    ハイチェアはとにかく可愛くて欲しかったのですが、大きすぎて邪魔になるかなと思い手が出ませんでした。

    インテリアを変えた時合わなくなったら嫌だなとか、使わなくなった時の置き場所に困るなと思いました。

    処分も大きいので気軽に処分できませんよね。

    お値段もピンキリですが、可愛いのは高いですし・・・。

    一応高さを変えると大人も座れるとなっていますが、ダイニングテーブルセットを置いているのに、大人になってもハイチェアを使うだろうか・・・いや使わないなと思いました。

    ベビーピンクや白のベビーチェアすごく可愛いんですけどね。掃除も拭けば良いだけだし。

    しずずん
    しずずん
    私の友達はハイチェア推しでした。インテリアに馴染んでずっと使えるのであればハイチェアでも良いと思います!

    ベビーチェアの上手な選び方

    赤ちゃんの椅子ってたくさんの種類があって悩みますよね。高い買い物ですし、出来れば失敗したくないと思います。

    後悔しない椅子を購入するには、とにかく見た目だけで判断しないことと、使わなくなった時にどう活用するかが重要だと思います。

    ずっと長く使うものなら良いですが、ベビーチェアって本当に一時的なものなので、お気に入りを購入することは大事ですが、それをずっと使っていくのか、オークションに出すのか、廃棄処分するなら廃棄処分はしやすいか・・・など、その場だけでなく、どう活用し、どう手放していくかを考えることが後悔しない選び方だと思います。

    ぜひ、あなたのご家庭のスタイルに合ったベビーチェアを見つけてみてください。