JOB~Nurse~

同期と比べてしまって落ち込んでしまう時の対処法

悲しい猫
こんにちは!しずずんです。
あなたは、同期と病棟に配属となり、心強い反面、比べてしまい、あるいは比べられてしまい、落ち込んだりしていませんか?
そんなあなた、比べる必要はありません。みんなそれぞれ個性があり、一長一短があるんです。

自分の良い所、ちゃんと見えていますか?


毎日仕事に追われ、自分の出来なささに落ち込んでいる中、先輩と上手くコミュニケーションがとれる同期や、仕事が自分よりこなせているように見える同期、勉強をたくさんしている同期を見ると、比べてしまって落ち込む時ありますよね。
でも、あなたにも良い所、絶対あるはずです。ないですか?患者さんとうまくコミュニケーションが取れる、優しいと褒められる、先輩と上手くコミュニケーションが取れる、仕事を覚えるのが早い、効率よく出来る、丁寧な仕事が出来る、ミスが少ない、点滴の針を上手に入れられる、勉強をたくさんしている、記録を書くのが速い、笑顔がいいと褒められる、先生とうまくコミュニケーションが取れる…。自分をちゃんと客観視すれば、絶対良い所あるはずです。悪い所を見つけることは簡単ですが、自分の良い所を見つけるよう意識してください。自分の良い所がちゃんと分かれば、人と比べて卑屈になることも、劣等感を感じることもありません。

人にはそれぞれ個性があります

上述したように、人には必ず良い所も悪い所もあります。長所、短所それぞれあるわけです。例えば、「なんでもそつなくこなしている同期を見て、私は要領悪くて焦る」と悩んでいる新人さんがいるとします。でも、そつなくこなしている人は、確かに要領はいいですが、要領がいい分、土台が薄く、土台を求められる2年目、3年目になると苦労する人が多いです。しかし、要領があまりよくなく、1から10まで確認しながら、理解しないと進めない人は、出だしはスロースタートですが、土台がしっかりする分、2年目、3年目になると力がついてきます。向き・不向きやタイプがありますので、スタートダッシュの速さや効率の良さは違いますが、努力した分は絶対結果として返ってくるので焦る必要はありません。

比べる必要はありません


よく同期と比べて落ち込んでしまっている新人さんがいますが、比べる必要はないのです。違う人間なんですから、ペースも、タイプも違って当たり前です。得意分野も違えば、苦手分野も違います。あなたが比べて焦っているように、相手も相手にないものをあなたに見出して焦っていると思います。そうやってお互いないものねだりして落ち込むより、相手の良い所や方法を聞き出して共有しましょう。同期は仲間です。一番事情がよくわかり、愚痴も共有できる存在です。合う合わないはもちろんあるので、合わなければ無理に仲良くする必要はないと思いますが、そうでないなら、卑屈にならず、落ち込まず、ともに良い所を共有し合い、愚痴を言い合いながら成長していきましょう。
同期やほかの人の良い所ばかり見えて焦るという事は、自分の良い所がわからなくなっているという状況でもあると思います。そんな時は、自分の良い所、ぜひ書き出してみてください。どうしても分からなければ、勇気をもって、友達や家族に聞いてみるのもありだと思います。
自分の良い所を把握しておくことは、ポジティブ思考にもなり、その結果、仕事やプライベートなどのとらえ方もポジティブになりますのでおすすめです!!