JOB~Nurse~

看護師1年目。仕事が出来ない…と落ち込んでいるあなたへ


こんにちは!しずずんです。看護師の世界では、人手不足な病院が多く、一年目といえどもたくさんの仕事を覚えなくてはいけないし、また、何度も手厚く教えてもらうことは難しいですよね。勉強しなければいけない量も膨大で、そのうえ業務も覚えなければいけない。業務も煩雑で、臨機応変さも求められる。そんな理想と現実のギャップに、新人の頃は自分の仕事の出来なさに泣く事や落ち込むことが多いのではないかと思います。そんな時、この記事を読んで少しでも心が軽くなってくれるとうれしいです。

仕事が出来ない事は当たり前!落ち込む必要はありません


常に人手不足で、指導者も後輩を見ながら自分の仕事もこなさないといけない状況が多く、1から10まで手取り足取り教えるのは難しい環境。そして、対人の仕事であり、常に臨機応変に対応しないといけない職種なので、マニュアル通りにいかない現場。「患者さんによって」、「科によって」、「先生によって」という厄介な【暗黙のルール】も数多く存在します。そして覚えなければいけない処置も星の数ほどあります。そして、【患者さんを受け持つ】という看護師として基本的な事も、現実は、知識がないと患者さんの観察も出来ない、アセスメントも出来ない。入院の受け入れ方一つでも病気やクリニカルパスによってチェック項目が違う。そんな煩雑な仕事を、こなすことなんて新人さんに出来るはずがありません。当然です。先輩も、経験を積み、失敗を重ね、勉強を重ねてやっと出来るようになっていくのです。毎日同じことを練習出来れば覚えも早いですが、そうもいかず、毎日違う事の繰り返しで、復習も予習もままならず、へとへとになり、勉強もままならず、帰って疲れ切って寝てしまうというのが現状ですよね。
そんな中、先輩によって教え方が違ったりすることもざらにありますね。この先輩はこうしてって言っていたのに、あの先輩は違う事を言っていて、どっちが正しいか分からないと混乱することも多々。
怖い先輩もいれば、優しい先輩もいるし、聞きにくい先輩もいれば聞きやすい先輩もいますが、毎日優しい先輩が日勤でいてくれることはありませんね。そうすると怖い先輩にあたることも。そして精神的にもその日はやられちゃいますね。そんなストレスもたくさん1年目は抱えていかないといけません。
そうなんです。慣れない環境になれなければいけない、学生と社会のギャップに対応しないといけない、人間関係に日々疲れ、大量の覚えるべき仕事に追われ、勉強に追われ、寝ても覚めても仕事になります。そんな状態の中で、仕事が出来るようになるはずがないんです。
なので、1年目の間は、仕事に慣れる・仕事を辞めないを目標としてください。仕事が出来ることを目標にしてはいけません。
周りも1年目に仕事が出来る事を求めてはいません。たまに、自分の1年目の事を忘れているのか、1年目にも辛くあたる方もいますが、そんな人はほっとけばいいんです。たくさんの人間が働いているのでたくさん人はいます。価値観の合わない先輩もいますし、全員が味方で優しいわけではありません。ただそんな思いやりのない人にいちいち傷ついて落ち込んでいる時間も無駄なので、ほっときましょう。
ただし、「仕事が出来ないと開き直って努力をしない」というのは違います。
1年目には1年目の、やるべき事はあります。

仕事が出来ない時に一番大事な事は仕事に対する姿勢!


仕事が出来ない、知識が足りない。それは仕方のないことですし、周りも分かっています。そこで落ち込む必要はありません。しかし、一番大事な事は、「一生懸命している姿勢を見せること」です。
これが一番大事!!!

  • 分からない事は絶対に同期ではなく先輩にちゃんと聞く
  • メモをする
  • 挨拶をきちんとする
  • 返事はしっかりはっきりする
  • 提出物の期限は必ず守る
  • あらかじめ処置の見学の予定が入っている場合は必ず簡単でもいいので予習をする

です。最低限この6項目はどんなにしんどくても意識してやるべきことです。
どんなに出来ない後輩でも、成長スピードが遅い後輩でも、一生懸命やる姿を見せている後輩に辛くは当たりません。また、別の先輩に辛く当たられているのを見ると助けてあげたいと思いますし、悩んでいると相談にのってあげたいと思います。
失敗をしたとしても、なぜ失敗したのかを一緒に振り返って次につなげてあげようと思います。
しかし、この「一生懸命している姿勢」がないと、やる気がないのかな、ととらえ、どうしてもこちらも優しくしてあげようという気分が半減します。それは、指導者も人間なので当たり前ですね。仕事が出来ない分、仕事を早く効率的に覚えられる環境づくりをしてください。そうすると、あなたの成長は断然早くなります。
無理に残業しなくても大丈夫です。先輩がまだ帰ってないから私も帰れない…と思いがちですが、新人に任せられる仕事はないですし、残ってだらだら意味のない時間を過ごしてもらうより、早めに帰って予習、復習をするなり、気分転換をするなり、早く寝て疲れを取るなどして、毎日休まず、来てほしいというのが先輩の思いです。(例外もいますが)
【仕事が出来ないと自分を責めて、潰れてしまって仕事をやめてしまう】これが一番悲しい末路です。せっかく辛い思いをして、看護学校を卒業し、職につくことが出来たのに、見当違いの事で自分を責めて、追い込んで、やめてしまうのが一番もったいないです。

1年目の心構え
  • 仕事が出来ないのは当たり前
  • 失敗しても次同じ失敗をしなければいい
  • 仕事は毎日していれば嫌でも覚える
  • 勉強はコツコツしていけば蓄積出来る
  • 仕事を気持ちよく教えてくれる環境を作る(6項目を意識する)

これを頭にいれ、毎日気負い過ぎず、頑張ってください。仕事が出来るようになってきたな~と感じれるのは3年目頃だと思いますので気長にいきましょう。