LIFE

オイルヒーターの使い勝手ってどうなの?導入前に注意すべきこと

こんばんは!しずずんです。

冬も本番、毎日寒いですよね。暖房器具は何を使用していますか?

しずずん
しずずん
小さい子供がいると、電気ストーブや石油ストーブなど、表面が熱くなるものは危険なので使用出来ないですよね。
そうなるとエアコン、ファンヒーター、オイルヒーター、こたつといったものになってきますが、どれがいいんでしょう。

エアコンは部屋に置かなくてもいいのですっきりしますし、危険も一番少ないのではないかと思います。

しかし、乾燥してしまうのと、すぐに部屋全体を温めるのは時間がかかりますよね。電気代も少し高めです。

こたつは、入っている時は暖かいですが部屋全体を温めるものではありません。

ファンヒーターも、ファンヒーターの前は暖かいですが部屋を暖めるのには時間がかかります。

てるるん
てるるん
我が家でも去年の冬に、来年には子供が生まれるとの事で暖房器具をどれにするかで迷い、乾燥しない・快適温度がキープできる・一気に部屋を暖める事が出来るとの事で、デロンギのオイルヒーターを購入しました。
しずずん
しずずん
今回はワンシーズン使用してみたデロンギのオイルヒーターについてご紹介していきたいと思います!

デロンギオイルヒーターの特徴

hot

メーカー側のオイルヒーターのメリットとしては以下が挙げられていました!

とても魅力的な項目ばかりです。

  •  部屋全体が暖かくなる
  • 肌ものども乾燥しにくい
  • 空気が清潔に保てる
  • 表面が熱くなりにくくやけどしにくい
  • 燃料補填しなくていいので楽
  • 使いやすい
  • 快適温度がキープできる
  • 一気に部屋を暖める事が出来る
  • 運転音が静か
  • 電気代が安い
  • しずずん
    しずずん
    私は、乾燥しにくいことと、部屋全体が暖まる事表面が熱くなりにくくやけどしにくいという項目に惹かれて購入を決めました!

    デロンギオイルヒーターの外観と価格

    我が家で購入したのはこのモデルです。

    てるるん
    てるるん
    去年よりだいぶ安くなってるね!

    他のモデルや、部屋の広さに合わせたモデルなどもありますので詳しくは公式ホームページをご覧ください。

    公式ホームページ↓

    https://oilheater.delonghi.co.jp/

    ワンシーズン使用してみてのレビュー

    メリット

    hot
  • 表面は多少熱くなるが火傷するほどではない
  • 乾燥しにくい
  • 音が静か
  • スリムなので場所をとらない
  • 使い方がシンプルで使いやすい
  • 細かいタイマー機能があり、生活スタイルに合わせた設定が出来る
  • しずずん
    しずずん
    表面は多少熱くはなりますし、ずっと触っていれば熱いですが、少し触っただけでは大丈夫なので、子供がうっかり触ってしまったとなっても火傷はしにくくて安心だと思います!
    てるるん
    てるるん
    音も静かで、つけ始めは「ジー」といったオイルを温めている音が聞こえますが、その他はほとんど音はありません。

    火を使っていないので、万が一倒してしまっても火事の心配がなく安全なので、安心して使用できます。

    しずずん
    しずずん
    また、子供は皮膚が弱く、乾燥しがちなので乾燥しないか気になっていましたが、こちらも、火も使っていませんし風もないので乾燥しにくいです!
    暖房器具の中では一番乾燥しないのではないかとおもいます!

    また、暖房器具は場所を取ってしまいがちですが、オイルヒーターはスリムで場所をあまりとらないので、狭い部屋にも置けますね。

    使用方法は簡単!タイマー機能も細かく調整出来る

    しずずん
    しずずん
    使い方はすごくシンプルで、温度調整のダイヤルと、強弱切り替えスイッチのみで暖房調整は出来ます。
    タイマーは15分刻みで設定できるので、24時間通して細かい管理が出来ます♪
    てるるん
    てるるん
    例えば
    「起床は7時なので6時から着くように設定して、8時には家出るからその頃に切れる様にして、帰宅時間は18時だから17時くらいからまたつけておこう」
    というような自分のスケジュールにあった細かいタイマーが設定できるのが魅力です!

    f:id:ikuzihuntou:20180928155551j:plain

    ダイヤル説明

    上のダイヤル:温度調整(6段階あり)

    真ん中スイッチ:強弱切り替え(弱なら左スイッチのみ、強なら両方のスイッチをON)

    下のダイヤル:タイマー (24時間15分毎で細かく切れており、つけておきたい時間帯のツメを中に入れ込み、消しておきたい時間帯はツメを外側に出しておくと自動的に切れたりついたりする。)

    デメリット

    sad
  • 部屋全体を温めるのには時間がかかる
  • 広い部屋には向いていない
  • 電気代が高い
  • しずずん
    しずずん
    8.5畳の部屋で使用していましたが、部屋全体を温めるのはすごく時間がかかります。
    強弱設定が2段階あって調節できますが、一番強くしていても部屋がぬくぬくになることはありませんでした。
    てるるん
    てるるん
    結局部屋を暖める時はエアコンをつけて、温まったらエアコンを消してオイルヒーターで出来るだけ室温キープという風に使用していました。
    しずずん
    しずずん
    寝る時につけたまま寝ると、底冷えはせずに少し暖かい状態をキープ出来ますのでおすすめです。
    てるるん
    てるるん
    電気代は、エアコンと併用していたからもあると思いますが、暖房器具を使用していない時期と比べて+15000円程でした。
    電気代は結構高いと思います…。

    オイルヒーターが向いている方

  • オイルヒーターを置く予定の部屋があまり広くないご家庭
  • 小さい子供がいるなど安全重視の方
  • 乾燥対策をしたい方
  • 夜の授乳や夜泣き対応の際に寒すぎるのが苦痛な方
  • 夜中中つけていても大丈夫な暖房器具が良い方
  • 起きた時、帰ってきたときなど既に部屋が暖まっている生活がしたい方
  • 電気代を少しでも節約したいとは思っていない方
  • オイルヒーターはじんわり温める感じなので、パワーや即効性には少し不満が残ります。

    特に、広い部屋に置くと、その分部屋全体を温めるのにすごく時間がかかりますので、あまり広くない部屋の方が使い勝手がいいと思います。

    しずずん
    しずずん
    乾燥しにくく、細かいタイマー機能もあり、安全性も高いので、個人的におすすめなのは寝室が良いと思います!

    電気代は、オイルヒーターのみで使用すればほかの暖房器具とあまり変わらないと思いますが、パワーが弱い分、部屋を暖める際にどうしても別の暖房器具と併用してしまいがちなので少し高くなるかもしれません。

    てるるん
    てるるん
    実際より広い部屋に対応しているオイルヒーターを購入するのも一つの手かな、と思います!

    オイルヒーターのご購入を検討されている方は、メリットとデメリット、対応する部屋の広さなどを十分確認したうえで購入するのがおすすめです!