LIFE

0歳で仕事復帰、しんどい時間は続かない

こんにちは!しずずんです。

子どもが5ヶ月で仕事復帰し、現在10ヶ月になりました。

がっつり復帰しだしてもうすぐ6ヶ月目に突入です。

最初は「こんなはずじゃなかった。」「やっぱりしんどい。」「仕事やめたい。」と思っていた私。

今はそうでもなくなってきました。

現在の状況と気持ちを今回は綴っていきたいと思います。

これをみて、今復帰してすごく大変でしんどい思いをしているママさんへの励みになればいいなと思います。

スペック


年齢:31歳
職業:病棟看護師
雇用形態:8:45〜16:30までの時短勤務
保育園:土曜日預かりあり、19時まで延長保育あり

子ども
年齢:10ヶ月
性別:女

旦那
年齢:34才
職業:会社員
雇用形態:フル勤務で平日休みが1〜2日/週。土日は仕事、仕事の日は21時帰宅

復帰後数ヶ月

保育園に入園後はしばらく体調を崩すとはよく聞いていたので覚悟はしていましたが想像以上。最初の月は半分ほど休んだのではないかと思うくらい休みました。

また、自分も久しぶりの仕事+初めての育児と仕事の両立が想像以上にきつかったです。

今まで好きに働き、(必要であれば残業したし、休むこともなかったし)引け目に感じることはほぼありませんでしたが、子どもがいるとなるとそうはいきません。

それを理由にしている自分にもイライラしたり、全てが中途半端に思えて情けなかったり、申し訳なかったりで気持ちがおいつかず、疲労が溜まってモヤモヤしながらあっという間に数ヶ月が経ちました。

何度も辞めたいと思ったし、パートになりたいと思っていました。

しずずん
しずずん
責任から逃れたいという気持ち、仕事を自分のペースでやりたいという気持ち、お金をもっと稼ぎたいという気持ち、もっと子どもと一緒にいてあげたいという気持ち、もっと家事を完璧にしたいという気持ち・・・。

理想と現実のギャップに心打ちひしがれる毎日でした。

その中で支えてくれたのは旦那と子ども。

やっぱり家族って、一時的に自分の負担にもなるけど、支え合っていける大事なパートナーです。

どれだけしんどくても、うんざりしてもふと可愛い笑顔を見せてくれたり、無条件に甘えてきてくれる子ども。

気が利くとは言えないし、気分屋だけど、自分のやれる範囲で手伝ってくれる旦那。

その支えがあり、すごくしんどい時期、仕事いきたくない時期もあったけど、なんとかもうすぐ復帰して半年を迎えます。

病気ばかりでしょっちゅう休んでいた娘も、最近はとても元気で、8ヶ月くらいからあまり風邪をひかなくなりました。

そのおかげで休むことも減り、私も少し生活に慣れてきたのか、心身ともに疲れてどうしようもなくなることが減りました。

現在

現在は、仕事を休まないといけなくなることも減り、時短勤務にも心が慣れて憂鬱になることも減りました。

家事は今までもっと完璧な家事を目指していたけど、それをやめました。

旦那に手伝ってもらえることはとことん甘えます。積極的に頼むし、やってくれるまで私はやりません。

結果、今や旦那に子どもを預けて一泊旅行できるくらいのスーパーパパになってくれてます。

本当に夏に友達とグランピングにいきました。旦那と子どもを置いて笑

朝のご飯とオムツや保育園の用意もやってくれますし、休みの日は掃除、洗濯、育児を文句はいいながらですが積極的にやってくれています。

私が遊びに行きたいと言えばその間こどもとお留守番してくれています。

私も、遠慮なくいける時には遊びに行っています。

といっても旦那は休みが少ないし、仕事の日は帰りが遅いのでなかなかこども抜きで友達とご飯にはいけません。

子ども連れでご飯にいっても大変だし、子どもの寝る時間があるのでなかなか難しいですよね。

だから私の家でしょっちゅうホームパーティーしてます。

子どものお世話をして、19時半には寝るので、そこから友達とホームパーティーです。

毎回うちで申し訳ないですが、友達と話してご飯を食べるってとても大事な時間です。

それに毎回うちに友達を招くので掃除しないといけないし、結果,家はなんとなく片付いてます。

そうやってやりたいことは可能な範囲でどんどんやっているので、旦那は職業柄飲み会がとても多いのですが(月5回くらい)許せるし、二人ともやりたいことを適度にやっているので仲良くいれます。

もちろん体力が限界な時は一日中寝続けたり、家事をストライキすることもあります。

でもそうやって自分の時間も保ってやっていかないと、家事も育児も仕事も両立なんてできないと思っています。

むしろ、自分が一気に老けこんじゃいそうで、無趣味になりそうで怖いです。

人生面白く楽しく生きるのがモットーです。

仕事は、やめたい、パートになりたいとずっと思っていましたが、少し状況が楽になるとまた考えが変わってきてまた悩んでいます。

今働けるうちにできるだけ常勤でいた方がいいのかな、とか、家族を優先するためにパートになろうかな、などなど・・・。

こうやってしんどい方(私にとっては常勤で働き続けること)が視野に入ってきたということは、だいぶ気持ちに余裕がもてたということなのかなと思います。

思う事

人間って慣れない事はしんどいですよね。

慣れない育児、家事、仕事、家庭生活、夫婦生活・・・。たくさん重い荷物が増えてきてしんどいけれど、やりたくなくてもやらなければいけない状況がたくさんあります。

私だって子どもが0才のうちから仕事復帰したくなかった。けど経済状況がそれを許しませんでした。

いいえ、多分もっと節約すれば出来たと思います。でもその節約生活を私は選ばなかった。

ですので今こうして働いているのは私が選んできた選択です。

だけど、とてもしんどかったです。精神的にも体力的にも。

でも現在はこうやって環境にも慣れつつあります。

そして何より子どもに手がかからなくなりました。これが一番大きい。

復帰した頃は、夜中は起きるし、朝は早いし、まだ離乳食を始めたばかりで作るのも大変だし、慣れていないし、子どもはよく泣くし、泣いている理由はあまり分からないし、とにかく手がかかりました。

今は、夜起きる事はなくなり、19時半〜6時くらいまでちゃんと寝るようになったので寝不足は解消されました。

離乳食もだいぶ進み、私も効率よく作ることに慣れたことで3回食にしてもそんなに負担に感じることもなくなりました。

一人遊びもしっかりできるようになり、わけもなく泣くこともなくなりました。

よく笑い、よく食べ、よく甘え、とてもとても可愛いと思えます。

そして成長をゆっくり見れないんじゃないか・・・と一番心配していましたが、毎日仕事終わりの2時間程度の短い時間でも、ちゃんと出来るようになってきたこと、ちゃんとわかります。感じレます。

一緒にいる時間が全てじゃないんだな、と思います。

保育園でたくさん刺激をもらい、新しいことを経験し、家では思いっきり甘えて、たくさんの可愛い笑顔を見せてくれます。

それをみて私も癒されます。

疲れた時は旦那が助けてくれますし、私も思いっきり甘えます。

出来る範囲で自分のしたいことを少しでもするし、一日の大半を保育園で過ごしている子どもですが、短い時間でも子どもと濃密な時間をできるだけ作ります。

家事は一日休んだってどうとでもなるし、人間必ず慣れます。

私は環境と周りの人にとても恵まれていて、助けてもらいながらなんとかやっています。

でも身内に助けてくれる人がいなくても、サポート機関はたくさんあって、調べれば必ず出てきます。

全部一人でやろうとすると絶対無理だと思うので、サポート機関に頼むのも手だと思います。

必ず慣れる事はできるけど、それはサポートあっての事。

周りのサポートがないとやっていけないと思うのも事実。

もし一人で全部背負って頑張っているなら、誰かに助けてもらいましょう。

そうすると今絶望的になっていても、必ず「あぁよかった」と思える日がくると思います。