TRAVEL

台湾の概要・国事情・旅行する時に気を付けること

台湾

夫との初めての旅行♡それは台湾でした!

 

台湾はおいしいものも多く、観光地もたくさん!二泊三日の短い旅でしたが、とても楽しめて思い出に残りました^-^

 

今回は、新婚旅行で行った台湾旅行(台北)についてまとめていきたいと思います♪

 

第一弾は、台湾旅行についての概要、私達のスケジュールを紹介します♪第二弾からは実際訪れたスポットについて紹介していきたいと思います^-^

 

 

プランと料金

 

旅行会社:株式会社エスティーワールド

 

プラン名:「受託手荷物15㎏無料!タイガーエア関西発で行く台北3日!百貨店上層階に建つブティックデザインホテル!Wホテル泊」

 

出発日:2018/1/16~1/18

 

料金:56500円/人

 

スケジュール

 

スケジュール

 1日目

  • 16:00頃:台北到着
  • Wホテルへチェックイン
  • 台北101内の「鼎泰豊」
  • アイスモンスター
  • 台北101の夜景観賞
  • 松山夜市へ
  • Wホテル内のバー

 2日目

  • 九份
  • 九份茶房
  • 十份
  • 十分瀑布
  • 天燈上げ
  • 龍山寺
  • Wホテル内のバー

 

 3日目

  • お土産を買って帰国

 

お金について

 

通貨単位はニュータイワンドル(NT$)で、元(ユエン)とも言われますが、通貨には圓(円)と印刷されています。

 

1元=NT$1=約3.5円

 

クレジットカードは、大きめのレストランやスパなどで使用できますが、タクシーや屋台などでは使用できないことが多いです。

 

両替

 

銀行や大手ホテル、デパートなどの両替所で両替可能です。台湾桃園国際空港など空港には銀行の出張所もあります。レートは、銀行、DFSやデパート、ホテルの順で良いとされています。両替にはパスポートの提示が必要です。

 

交通について

 f:id:ikuzihuntou:20180905024709j:plain

タクシーについて

 

台北市街には、流しのタクシーが多く、運賃も安いため気軽に利用されています。メーター制で、運賃は、1.25kmまでNT$70、以後は200m毎にNT$5加算されます。

 

注意点は、お釣り用の紙幣が不足している場合がありますので、なるべく少額紙幣や小銭の用意をしておいたほうがいいです。

 

台湾では運転手にチップを渡す習慣はありません。下車時に「謝謝(シェシェ)」と伝えればOKです。

 
乗り方

  1. 日本と違い、ドアは手動のため、自分で開けて乗車しましょう。
  2. 行先は、英語も日本語も通じない運転手が多いため、目的地の住所を漢字で書いて渡すのがベターです。
  3. シートベルトは必ず着用しましょう。また、運転手がメーターを動かしたかも確認しましょう

 

バスについて

 

台北市内だけで200以上の路線があり、運賃は市内一律NT$5ととてもリーズナブルです。ただし、観光客には難易度が高いので、利用する際にはしっかり下調べをしてから乗車しましょう。

 

バス停、車内ともに両替機はありません。交通カードで支払うか、小銭の用意を忘れずにしましょう。乗車口付近に「上車収票」とあれば乗車時に、「下車収票」とあれば下車時に運賃を支払います。

 

バス停に時刻表はないので、ウェブサイトか、「公車路線導遊」といった市販ガイドブックで確認してください。

 

レンタサイクルについて

 

台北市民の足として定着しているシェア自転車の「YouBike」というものがあります。市内全域のMRT駅周辺にステーションが200か所以上、7000台以上の自転車がレンタサイクルとして利用されています。

 

料金も30分NT$10とリーズナブルです。支払は、クレジットカードでのレンタルがおすすめです。

 

借りる前に、自転車が故障していないかどうか確認してください。停車時にはチェーンキーをしっかりかけるようにしてください。

 

緑色の自転車専用レーンがある場合は、そこを走ってください。「行人優先」と書かれたレーンは、歩行者優先なので注意してください。

 

乗り方

 

  • キオスク(kiosk)という自動受付機の画面で「單次租車」「同意」「信用卡付款(クレジットカード支払)」を選択します
  • カード番号、有効期限、裏面記載のセキュリティーコード、画面に表示された数字を入力し、「確定送出」を押します。「授權成功」画面でレンタルできる自転車の番号が出たら選択します。90秒以内に自転車を引き出します。
  • 返却は別のステーションでもOKです。青いランプが点灯している置き場に自転車を固定し、ランプが緑色に変わったらOKです。以上で返却は終了で、使用した時間分の料金が自動でクレジットカードから引き落とされます。

 

MRTについて

 

MRTは、台湾の地下鉄の事です。渋滞しらずで乗り方が簡単なので、旅行者にも利用しやすくなっています。1日乗り放題の「1日票」NT$150もあり、改札口横の案内所で購入できます。

 

運転時間は、6~24時ごろまでで、朝夕のラッシュ時は2~4分間隔、日中でも4~6分間隔の目安で運行されています。

 

シーズンイベント

 

主な祝祭日

 

1月1日 開国記念日
1月27日 旧暦大晦日
1月28日 春節
2月28日 和平記念日
4月4日 児童節
4月5日 清明節
5月30日 端午節※
9月15日 中秋節※
10月10日 國慶節
※変動あり

主なイベント

 

2月11日 ランタン祭※
3月29日 青年節
8月17日 中元節※
9月28日 孔子誕生祭
10月25日 光復節
10月31日 蔣介石誕生祭
11月12日 國父誕生祭
12月25日 行憲記念日
※変動あり

 

気候について

 


3~5月
日中は30℃を超えても、朝晩には20℃を下回ることもある。日中はTシャツで、夜は薄手の上着などを着ればOK。5月からは梅雨に入る。
6~8月
30℃を超える日がほとんどで日差しも強いので、日焼け止めの用意が必要。交通機関などは冷房が効きすぎてる場合もあるので、上着があれば良い。

9~11月
台風シーズンが到来し、気温も徐々に下がり始める。10月以降は平均25℃前後で、晴れた日中は暑いが、朝晩は涼しいので上着の用意が必要。
12~2月
日中は長袖のTシャツで十分だが、夜間や雨天時は冷え込む。10℃以下の日もあり、セーターなど防寒具を用意しておくのがベスト。

 

電話の掛け方

 

 台北→日本

 

002または009など-81(日本の国番号)-相手の電話番号(最初の0はとる)

 

日本→台北

 

電話会社の識別番号-010-886(台湾の番号)-相手の電話番号(最初の0はとる)

 

台北市内通話(ホテルからの場合)

 

ホテル毎の外線番号-相手の番号をそのまま押せばOKです。

 

ネット事情

f:id:ikuzihuntou:20180905024906j:plain

街中

 

無料の「TPE-free」と呼ばれるWi-Fiサービスがあるほか、MRT各駅や、主要な道路の沿線で公衆Wi-Fiサービスを有料で利用できる、「WIELY」があります。

 

コンビニやオンラインなどで、カード(1日使い放題NY$100~)を購入すると使用できます。

TPE-free手続き方法

台北松山空港や、松山駅、MRT主要駅の観光案内所で、パスポートとメールアドレスを提示すれば利用できるようになります。

 

ホテル

 

台北市内のほとんどのホテルで、LAN接続やWi-Fiサービスがあります。

 

郵便・小包の送り方

 

郵便

 

はがきや封書は郵便局かコンビニ、切手はホテルのロビーなどで購入できます。宛先は「JAPAN」「AIR MAIL」のみローマ字で書けば、他はすべて日本語で大丈夫です。

 

郵便局の窓口を利用するか、切手を貼って赤いポストへ投函すればOKです。日本宛のエアメールなら3~4日後に到着します。

 

国際宅急便

 

航空便と船便の2種類で、依頼すれば引き取りにも来てくれます。果物や農産物、畜産物なの宅配できない項目もありますので、事前に問い合わせをしておくのが無難です。

 

航空便なら約2~3日、船便は約1か月程度で届きます。

 

水とトイレについて

 

水とお茶

 

水道水は硬質で、飲料水に適さないため、ミネラルウォーターを購入したほうがいいです。また、ホテルには無料で何本か置いてあるところが多いです。

 

ペットボトルのお茶類は、砂糖入りの甘いものが多いので、甘いのが嫌な方は、無糖と書いてあるものを選びましょう。

 

トイレ

 

日本と同じ水洗トイレが普及しています。しかし、ホテルやデパートのトイレ以外は、トイレットペーパーが詰まる原因になるので、流さないのが一般的です。

 

使用済みの神はトイレに流さず、便器脇のポリバケツに捨てるようにしましょう。

 

変圧器について

 

電圧は110V、周波数は60Hz、プラグの形状は日本と同じ(Aタイプ)なので、日本の電化製品がつかる場合が多いですが、変圧器を使用したほうが安心です。

 

ルールについて

 

寺廟でのマナー

 

誰でも自由に参拝できますが、帽子やサングラスは取りましょう。大声で騒ぐなどは絶対やめましょう。

 

写真NGの場所に注意

 

國立故宮博物院では、展示品保護のため、全面的に撮影が禁止されています。また、街中で撮影禁止を表す「禁止照相」と書かれた場所に注意してください。

 

 

 

グルメについて

 f:id:ikuzihuntou:20180905025307j:plain

チップは不要

 

台湾にはチップを渡す文化はありません。また、レストランやショップでは、サービス料として会計に10%加算されているお店もあります。

 

食事マナー

 

厳しい決まりはありませんが、少しマナーが違う部分もありますので注意してください。

 

例えば、お皿は持たずに机に置いて食べます。麺類は音を立ててすすらず、レンゲに麺、具材などをのせて口に運ぶようにします。骨やエビ、カニの殻などは、テーブルの上に直接置きます。

 

また、MRTの車内では飲食は禁止になっています。

 

治安

 

台湾は治安上特に問題はないですが、有名観光スポットや空港では観光客を狙った置き引きやスリ、親切を装って近づく詐欺、繁華街ではぼったくりといったこともありますので注意してください。夜間の一人歩きやタクシーの一人乗りも出来るだけ避けてください。

 

いかがでしたか?台湾は冬でも日本より暖かいですし、一年中楽しめる国ですね!

 

また日本から約3時間と近いので行きやすいです♪今回の二泊三日と短い旅行でも十分楽しめましたよ。ぜひ台湾に行ってみてください♪