LIFE

【時短】旦那も簡単に用意できる冷凍離乳食ストック技

こんにちは!しずずんです。

あなたは離乳食どうしていますか?

しずずん
しずずん
我が家の子どもは現在10ヶ月なので3回食。お昼は保育園で食べてきますが仕事をしながらなかなか毎日作れませんよね!
  • 出来れば離乳食は手作りのもの・作りたてを食べさせてあげたい。
  • 毎日作るのは大変で時間がない。
  • 市販で毎日すますのは高いし栄養的に心配。
  • 私も時短正社員で働いていて、主人は仕事柄帰宅が遅く、仕事の日の育児手伝いは望めません。

    そんな私、100均アイテムや冷凍野菜をフル活用して、時短で、なおかつ旦那も簡単に用意できる冷凍離乳食をストックしています!

    今回は我が家の冷凍離乳食事情をご紹介していきたいと思います。

    我が家の離乳食ストック

    まずは実際の我が家の離乳食ストックをご覧ください。

    そんなに綺麗にしていません。すみません笑

    見えにくいですが、右は製氷皿のような容器に茹で野菜をストック。

    緑のものはブロッコリーとほうれん草。

    下の白っぽいものはキャベツと人参と玉ねぎをコンソメで煮込み、野菜のみ冷凍。

    真ん中の製氷皿には上記のコンソメ野菜スープを冷凍してます。

    その右側にある小分け冷凍ボックスにはそれぞれご飯・うどん・マカロニ・白身魚・ささみなど、炭水化物とタンパク質を1食分ずつ小分け冷凍。

    ジップロックに入れてあるものは製氷皿で凍らせ済みのほうれん草・コーン・アスパラを入れています。

    一番右のジップロックには、和風だしを製氷皿で凍らせたものを入れてストックしています。

    このような感じで、その時にある野菜を煮込んだりレンジで柔らかくし、キッチンバサミで細かく刻んだものを数種類用意しています。

    また、炭水化物もバリエーションが豊富になるよう、ご飯・うどん・マカロニなどを沢山茹でて冷凍してストック。

    タンパク質もまとめてささみを茹でて割いたり、白身魚を茹でてほぐしたりなど調理して一食分ずつ冷凍しています。

    しずずん
    しずずん
    少し時間が空いた時に少しだけ作って冷凍を増やしているので、大きな時間を取られることもありません。

    冷凍保存のメリットと保存期間

    冷凍保存って質が落ちると思っていませんか?

    そんなことはありません。出来立てをすぐに冷凍してしまえば美味しいまま冷凍出来ます。

    また、冷凍期間は離乳食の場合一週間とよく本に書いていますが、あまり気にしてません・・・。笑

    1ヶ月くらいを目安に使い切ろうとはしていますが、毎日2食は食べるので、古いものから使っていくようにすれば1ヶ月もかからずすぐに無くなります。

    しずずん
    しずずん
    業務用冷蔵庫でもない限り、冷凍庫に入る分はしれてますしね。でも心配な方はテープなどを貼り、日付を書いて管理するのもいいと思います!

    また、もう一つのメリットとして、細菌が繁殖しないことです。

    離乳食を冷蔵保存する場合は、細菌が繁殖するので一日以内が原則ですが、冷凍保存の場合、作りたての細菌が少ない状態で保存します。

    そして冷凍している間は細菌数は減りはしませんが、増えもしません。

    なので清潔な状態で調理をし、すぐに冷凍保存、そして解凍してすぐに食べさせれば細菌の心配もありません。

    こんなに簡単!準備は5分!

    空いた時間に冷凍ストックをしておくと、食べさせる前の準備はとても簡単です。

  • ①炭水化物・タンパク質・野菜・スープを取り出す
  • ②それぞれ好きな組み合わせでお皿に入れてチン
  • ③混ぜて出来上がり
  • ④足りない場合はバナナやヨーグルトなどを少しプラスでOK
  • タンパク質のストックがない場合や少し足りないかなという場合は50gの小分け豆腐を冷凍野菜とスープでレンチンすればOK。ひきわり納豆も手軽でタンパク質豊富です。

    すごく簡単じゃないですか?包丁もいりません。

    手軽にバランスのいい離乳食を!

    最大のメリットとして、超時短で、炭水化物・タンパク質・野菜のバランスメニューを食べさせてあげられるということ。

    そして、それぞれ数種類ずつストックしておけば、飽きずに色々なメニューを食べさせてあげれます。

    しずずん
    しずずん
    毎日できれば違うメニュー食べさせてあげたいし、美味しくバランスのいいメニューを用意してあげたいですもんね!

    朝のメニュー・夜のメニュー

    実際の食事メニューです。

    こんな感じです。適当に冷凍ストックを組み合わせ、少し足りなければ冷蔵庫にあるものをプラスして、出来るだけ炭水化物+タンパク質+野菜・果物の配分にするようにしています。

    また、タンパク質は取りすぎないように、(1品程度まで)足りなさそうなら野菜や果物をプラスするよう意識しています。

    いつにどんな準備をしている?

    早く帰れた時、気が向いた時、買い物に行った後などに自分が無理のない範囲でやります。

    それでもわざわざ一から野菜の下ごしらえをしたり、長時間煮込むのはとても面倒ですよね。

    そこでフル活用しているのは冷凍野菜です。

    しずずん
    しずずん
    冷凍野菜は元々火を通しているので解凍するだけで柔らかくなります!オーガニックなどを選べばベビーにも安心して食べさせられると思います。

    冷凍野菜を解凍し、キッチンバサミで細かく切ればもう終わり!あとは製氷皿や小分け冷凍で小分けするだけです。

    今はミックス野菜や、単品の野菜など様々な種類がありますし、混ぜ合わせて冷凍しておきます。

    また、かぼちゃなどはチンして皮を外し、カッテージチーズなどで和えて冷凍すれば、子供が大好きな甘いおかずになりますし、カッテージチーズで低脂肪+高タンパクな一品になります。

    また、里芋も解凍し小さく切って冷凍、鶏ひき肉を茹でて小分け冷凍しておくと、里芋+鶏ひき肉+和風だしで一品になります。

    しずずん
    しずずん
    このような感じで、組み合わせ次第でレシピは無限大!簡単で飽きないご飯が毎日作れます♩

    ご飯はレンチンでまとめて軟飯を作り冷凍、うどん・マカロニは買ってきたその日に全部茹でて小分けして冷凍しています。

    使用している冷凍グッズ

    使用アイテムはほぼ100均です。

    製氷皿も、小分けボックスも、冷凍用のジップロックも100均です。

    安いし使いやすいし、不便なく利用できていますよ。汚れたらすぐに買い換えられるというのもグッドポイントです。

    ポイントはスープストック

    たくさんのレシピを作ってあげたい、和・洋・中満遍なく食べさせてあげたいと思いますよね。

    様々な種類の献立を作るポイントは、数種類のスープをストックすることです。

    スープをストックしておけば、タンパク質や野菜の素材は同じでも色んな味を楽しむことができます。

    時間のある時にコンソメで野菜を煮ておけば、このスープを冷凍することにより洋風スープができますし、水出汁を作って冷凍すれば和風だしができます。

    水出汁は、水1Lに昆布や鰹節、煮干しなどの好きな食材それぞれ10g×2を入れて一晩冷蔵庫に入れておけば完成です。

    水出汁は一週間もちますが、品質が心配な方は作った次の日に冷凍しておくといいでしょう。

    ホワイトスープは自分で作って冷凍でもいいですが、私はインスタントのホワイトスープを使用しています。

    必要分だけ少量から作ることが出来、粉末なので保存も簡単でとても便利です。もちろんコンソメや和風だしも粉末でもいいと思います。

    そして時間のある時はトマトスープを作って冷凍しておいてもまた違った味を楽しむことが出来ます。

    旦那でも簡単!こうお願いしておこう!

    ご飯からスープまで全て冷凍しておけば、あとはレンチンするだけですよね。

    旦那様には「炭水化物・タンパク質・野菜・スープをとりあえず一個ずつ食べさせて!」とお願いしましょう。

    一つのお皿に全部入れてレンチンするだけでもどんぶり飯が出来るので簡単かつバランスの取れたご飯を用意できます。

    これなら旦那様でも大丈夫ですよね!

    インスタントにもどんどん頼ろう!

    このように、時短・効率を叶えるにはインスタントや冷凍野菜をどんどん活用するのもひとつの手です。

    最近では産地や品質も向上していて、冷凍やインスタントでも子供にも食べさせられると思います。

    また、ストックが切れたりそれさえもしんどい時はインスタントのベビーフードを使用してもいいと思います。

    食育も大事ですが、ママが笑って毎日を過ごすことが一番大切。
    便利グッズを使用して時短調理を叶えましょう。